わずか60日で英語を
マスターできることで知られる七田式英会話は、
世界13ヶ国で39万人が実施して成果を出しています。

 

社会文化功労章など
多くの賞を受賞していることからもわかるように、
その評判は非常に高いものです。

 

七田式英会話の学習方法

そもそも七田式英会話は、
よく使うフレーズを丸ごと
覚えてしまうというアプローチを取るものです。

 

頭の中で言語を変換させるのではなく、
必要とする意味の文章をそのまま記憶しておくことで、
スムーズに口から出るようにするわけです。

 

これはネイティブの人の英会話を分析した結果、
ほとんど同じフレーズが繰り返し出ているにすぎないことを
発見したことによります。

 

伝えたいことを毎回英語に変換するのではないので、
すぐに口から出せるようになるというわけです。

 

このような発想の転換により、
難しい文法などを覚える必要がない点が評価されています。

 

さらに必要となるフレーズを絞り込み、
わずか60パターンに限定したことで学習も楽にしています。
この60のパターンを60日間で覚えるというのが、
七田式英会話の特徴です。

 

さらにこの60パターンから600のフレーズに展開し、
それを無理なく覚えられるようにしたのが七田式英会話の学習メソッドです。

600のフレーズで喋れるようになるのか

1日わずか20分だけ取り組むことで、
60日後には600のフレーズ全てを
頭に入れることができるわけです。

 

もちろん、記憶するだけではなく
実際の英会話で使えるようにしていることが、
この学習方法の大きなポイントとなります。

 

そのメソッドに沿って学習した人からは、
効果を得た喜びの声が上がっています。
これまでのように苦労することなく、
単純な作業を毎日繰り返すことである程度の会話力が備わるからです。

 

しかも日々その効果が出るのが楽しくなるために、
さらに前向きに取り組めるという好循環を生みます。
それが飽きずに続く理由と言えます。

 

これまでにはなかった単純な、
けれども効果的な学習方法であると
高評価となる評判を得ています。